46歳で来局されてからまだ生理が来てない初産で妊娠を目指している患者さんの話

うちの薬局には 現在46歳で 初産で妊娠を目指している患者さんが6名おられます。

今日はそのうちの1人について書いてみたいと思います。

この方は 神戸の有名な不妊専門クリニックで治療を受けられていたのですが、そのクリニックが 結構厳しいクリニックで 精神的に参ってしまったのもあり、やめてしばらくしてから来られたのです。

その不妊専門クリニックに通っていた間でもあまり良い結果は出ていませんでした。

うちの漢方薬局に来られてからも、もう3ヶ月は経過していますが、排卵しない ままです。

私もだんだん今の状況に対して不安を感じてきたので、現在の状況を知るためにも 再度病院で検査を受けていただくようにお願いをしました。

そしてどこが良いのか尋ねられたので現時点では 46歳の患者さんにも丁寧で親切な対応をしている広島駅の近くにあるクリニックをおすすめしました。

そして実際に行かれてみて、私の話した通りとても親切で優しい対応だったそうです。

そこでさらに治療を継続することになったようです。

そして 検査をしてみると FSH(卵胞刺激ホルモン)の値は70 だったそうです。かなり高い値です。

そこから病院での治療がスタートしました。

基本的にはカウフマン療法ような治療を行っているようです。

ただしカウフマン療法のようにはっきり、ホルモン治療の時期と自力排卵するか様子を見る時期に分けて治療を行っているわけではないです。

なんとなくとにかく排卵させることに重きを置いているようなホルモン剤の使い方のような気がします。

この治療で、この方の場合はFSH(卵胞刺激ホルモン)がぐんぐん下がってきて、現在は20を切るところまで来たみたいです。

そして 卵が 育っていると言う話を聞きました。

まだまだ小さいですけれども10mmということだそうです。

まだ卵胞は小さいので今後の経過をみないと何とも言えませんが、ここしばらくは 卵も育っていたかどうか怪しかったので、10mmとは言え、卵ができていたことはとても嬉しいことでした。

この方には今の病院の治療はあってるように思えるので継続的に治療してみたら?というアドバイスをしました。

何はともあれ一安心です。

 

46歳で初産で自然妊娠できるタイプかどうかについて

46歳で少し遠方から来られている患者さんが来られました.。

このはやはり生理が現在来ていません。

この形が生理が来なくなった原因はとある東京の栄養療法を得意とするクリニックで治療を受けたことがきっかけだと本人さんは言っています。

そこで食事制限やDHEAなどを服用してから突如として 生理が来なくなったらしいです。

話を聞く限りここでの食事制限はかなり厳しい食事制限だったようです。

形としては糖質制限ダイエットのような食事制限を行っていたみたいです。

とりあえず言えることはそこで治療した結果として今まで順調だった生理が途中落としてこなくなったということです。

その後病院を変えたりしていろんな治療を試みているようですがうまく結果につながっていません。

それもあってうちの薬局に来られたみたいです。

現在この方には高齢で用いる生理不順の漢方薬や卵巣の働きを高めて卵を育てるような漢方薬を使っているのですが、 なかなか目に見えた改善は今のところ見えません。

なおかつこの方は現在、不妊専門のクリニックに通っていません。

なぜならこの間、乳がん検診で影のようなものが見つかって不妊治療をストップしたままになっていたのです。

早く病院に行った方が良いと言うのですが、怖がってなかなか行かず治療自体がストップしてしまっていたのです。

もし乳がんであれば 早めに治療した方がいいし、もし乳がんでなければ、不妊治療を早めに再会した方が良いどちらにしても早めにした方が良いのに後回しにしてしまって結果としていろんなものが遅れてしまっている状況です。

46歳になって妊娠しようとするのであればとにかく時間を大切に使わないといけません。

何が自分にとって必要なのか必要でないのかを吟味しないといけないのです。

それには適切なアドバイスしてくれる存在が必要になります。それは病院の先生でもいいし、漢方薬局の先生や鍼灸の先生でもいいと思います。

とにかく大切なのは 世の中に溢れているたくさんの情報の中でどれが自分にとって意味なる情報なのかを見つけ出さなければいけないのです。

それが最も難しいことなのです 話を戻しますけれども46歳で初産で自然妊娠をするためには 当然自然排卵をしないことには自然妊娠はできないのです。

今のこの方の状況で言えば、自然排卵が起きていないので自然妊娠をすることはなかなか難しいと思います。

こういう場合は自然妊娠にこだわるよりも妊娠自体にこだわる方が 重要なのではないかと思います。

まずは生理が来るようにすることが第一優先になります。

そのために漢方だけで不十分な場合は病院の力を借りたりすることも一つです。

この方は前回の栄養療法のクリニックのせいでかなり病院に不信感を持っておられます。

そのためなかなか腰が重い感じはあるのです。

けれども躊躇している時間が無いのですまずは病院に行って現在の状況を把握するということはとても重要になります。

とにかく今興味のあるクリニックでいいので行くようなお話はしています 。

次に相談に来られる2週間後までには病院に通っておいてくださいという話をしているのですが本当に入っているだろうかちょっと不安です・・・

時間が・・・ない・・・のです。

46歳、生理が4ヶ月来ていない不妊治療の患者さん

46歳、生理が4ヶ月来ていない不妊治療の患者さんの話

うちの薬局には46歳で生理が来なくなって慌てて家の薬局に来られている患者さんが数名おられます。

そのうちの何名かは生理が来るようになったのですが、まだ来ていない患者さんが数名おられます。

この方はその生理が来ていない数名の患者さんの一人です。

この方は元々関西の不妊専門のクリニックに通われていたのですが、そこの不妊治療が結構厳しいクリニックで、結果もついてこず結局やめてしまいました。

その後広島の不妊のクリニックに行ってみたのですが、どうもそのクリニックとは肌が合わないようで、そこも辞めてしまいました。

この方が最初に来られたのは生理がこなくなって4ヶ月ぐらい経ってからのことでした。

それからもう 3ヶ月以上は経ちましたが、やはりまだ生理は来ていません。

高齢不妊で使う生理不順に用いる漢方薬を何回か替えて使ってみてはいるのですが、なかなか結果に結びついて来ません。

悩ましいことに感覚的な手応えとしては薬は合ってると思うのです。

このまま生理がずっとこないのも問題なので、どこか産婦人科の病院に行ってみたらどうだろうと言う様な話を何回かしていました。

その中で私がわりと お勧めしているのが 広島駅の前にある不妊専門のクリニックです。

なぜ私がこの不妊専門のクリニックを患者さんに勧めたのかというと、このクリニックの先生も看護師さんもとても優しいのです。

不妊治療はとてもデリケートです そして高齢になればなるほどよりデリケートになっていきます。

みんな誰しも 40を超えてくるといつまで治療を続けようかとかまだ続けていいのだろうかとか迷う気持ちは必ずあります。

でもどうしても妊娠したいという気持ちや、諦めきれない思いがあるのです。病院によっては良かれと思ってかもしれませんが、強くもう無理みたいな話をされる先生が少なからずおられます 。

そんなことは本当言われなくても分かっているわけです。

でも少しでも確率があるならと思って頑張ってるのです。

確かにそのクリニックでは 妊娠する確率は非常に少ないかもしれませんけど本当に0%かどうかはやってみないと分かりません 実際に広島でも妊娠率が非常に高いクリニックで 断られた患者さんが他のクリニックに行って妊娠されたというケースはありま。

もちろん確率は非常に少ないです でも0%でないのならそれにかけてみたいという気持気持ちを汲んであげたいと思います。

広島の不妊治療のクリニックの場、 お医者さんが厳しく、看護師さんが優しいというクリニックが多いです。

けれどもお医者さんも優しいという所は ほぼないです。

なので 結果として このクリニックをお勧めしています。

これは年齢やその人の性格などによって 変わってくると思いますので、そこが広島で一番良いと言う意味ではありません。

それでも安心して治療を受ける様なクリニックが増えることを切に願います

46歳で自然妊娠を目指す二人目不妊のやっちまった患者さんの話の続き

46歳で自然妊娠を目指す二人目不妊のやっちまった患者さんの話の続きについて

46歳で自然妊娠を目指す二人目不妊のやっちまった患者さんが再び来られました。

あれから2週間経って「調子はどんな感じ?」といつも通り聞いてみると

生理が自然に来たとのこと、よかったです(ホッ)

しかし、もうこういう無理なダイエットとかはしないように念を押しておきました。

46歳で自然妊娠をしようとするのは、高齢でトップアスリートでいるのと同じように難しいことなのです。

例えばキングカズをイメージしてもらえばわかると思いますが、あの年で現役でいるというのはなかなか大変な事なのです。

放っておけばどんどん身体は衰えてゆくわけです。その衰えをカバーするために食事や体のメンテナンスを非常に気を使っているわけです。

その日ごろの地道な積み重ねが今のカズを支えているわけです。

これを妊娠にあてはめて考えてみましょう!!

妊娠でも補助がなくなってしまう43歳ぐらいを境に不妊治療を諦めて諦める人がたくさんいます。

ここが妊娠率の大きなターニングポイントだから公的な補助がなくなるわけです。

その43歳を超えて現役でい続けるということはそれなりの努力が必要になるのです。

それが一つは食事であったりするのです。

食事は不妊治療の基本と考えてもらってもいいと思います。

ただし食事が良くなって妊娠するわけではないです。

けれども食事が悪いと妊娠はしづらくなると思います。

そのため食事には特に気を使っていただきたいと思います。

一番ダメなのは46歳で自然妊娠を目指す二人目不妊のやっちまった患者さんのように栄養制限をすることです。

妊娠することを家を建てることに例えるならば、漢方薬は家を建てるのに指示する人、親方であるとか大工さんみたいな存在になります。

どんなに大工さんや親方がいても家を建てる建材がなければ家はたちません。

その家を建てる建材に相当するものが食べ物・食事なのです。

どんなに腕の良い大工さんが集まってもガラクタのような建材しかなければちゃんとしてよ家は建たないのです。

そのため できるだけ良い 建材を使った方が良い家が立つに決まっています。

それは値段の高い高級なものを食べろということではありません。

バランスよく色んなものを取るという事がは重要なのです。

それから旬のものというものを取ることも重要です。

旬のものは東洋医学で言う気(エネルギー)が強いのです。

この旬のものを食べることで食べた人の身体にも(気)エネルギーが補われるわけです。(気)エネルギーが補われることは妊娠に良い影響を与えるのです。

ただし、そんな栄養ドリンクような即効的なものではないので、継続して続けることが大事なのです。

なので、旬なものを継続して食べるようにしてくださいね!!

旬なものはスーパーに一番メインの場所に置いていてなおかつ安くなっているものなのです。

これが食養生の基本です。

体外受精に疲れて、ぼんやりと自然妊娠を望んている46歳の不妊症患者さんの話のつづき1

体外受精に疲れて、ぼんやりと自然妊娠を望んている46歳の不妊症患者さんの話のつづきです

広島県病院の生殖医療科で不妊治療を受け初めて担当の先生が 他の病院に 映ってしまった結果、

この患者さんはほかの先生が担当することになりました。

そして、その他の先生も、熟練の2名体制だったところから、一名の先生がまだまだ未熟な先生に変わった結果、もともとおられた先生は今までよりも格段に業務量が増えたため、今までと同等の十分なケアができなくなっていたと思います 。

また運悪く、このタイミングでこの方は甲状腺機能の低下が見つかりました。

そのため、甲状腺の治療をするよう言われて、その間は不妊治療ができないという期間が結構長く続きました 。

そのご甲状腺の治療を終えていざ不妊治療を再開しようとしたら、子宮筋腫の大きさが予想外に大きく、卵巣付近まで迫っていて、採卵の邪魔になって、上手く採卵が出来ないという事態に陥りました。

そのために再び不妊治療を中断して子宮筋腫の手術をおこないました。

手術後しばらくは不妊治療ができないため、結局不妊治療を休まざるおえませんでした。

結局、トータルとしては1年間ぐらい不妊治療が止まった状態が続きました。

この広島県病院の生殖医療科に移った段階で44歳ぐらいでしたので44歳から45歳ぐらいまでのまるまる一年が、不妊治療ができない期間になってしまったのです。

そのためこの一年間を無駄にしたことは非常に大きかったと思います。

また病院の治療の方針というのも影響すると思います。

この病院の体外受精の方針は高齢であっても2個同時に卵を返すことはしないのです。

この方は採卵を数回行い最終的に2個受精卵を凍結することができたのですが、2個返すことはしないという病院の方針があったため、体外受精の卵を戻す治療を2回行い1個ずつ卵を返したのです。

しかし2回ともうまくいきませんでした。

そこらへんのところも 大きな要因の一つではないかと思います。

そのため高齢になってから病院を選ぶ際には、そこの病院がどの様な治療するのかよくよく下調べをしてから病院を選ばれたほうが良いと思います。