46歳 FSH 145越えだった崖っぷちの患者さん今回で最後かもしれません

46歳高齢不妊

46歳で FSH 144 の 崖っぷちの患者さんが来られました。

この方、ついこの間46歳から47歳になられました。

その年齢のこともありなおかつ46歳の段階でも 元々生理が来なくなってうちの漢方薬局に相談に来られたのです。

その後、うちの薬局で漢方治療を初めて数回は生理は来たのですけれども、また何か月も生理が来ていない状態が続いているのです。

やはり生理が来る来ないというのは女性としての自信というものと関係している部分があるようです。

そういうこともあって最初のどうしても妊娠したいという思いから本当に妊娠ができるのだろうか?という気もえと現在変わりつつあるのだと思います。

ただ、今出している漢方薬は、今まで出した中で一番この方には合っていると思うのです。
しかし残念ながら、合っている漢方薬を飲んですぐに改善するほど簡単な状態ではないのです。

そのためしばらく辛抱が必要なのです。

生理が来るためには基本的には卵が20ミリ前後育つ必要があります。

残念ながら今の卵巣の状況ではそこまでの力はまだ出てきてないのだと思います。

もちろん卵巣機能が落ちてくると無排卵月経という状態も起こってははくるのですけれども、では卵巣がいつ回復してくるのかというのは正直なところわからないのです。
今この方は年齢に伴う卵巣機能の低下というマイナスに引っ張る力と漢方薬や自分の養生(生活上の改善)などの プラスに引っ張る力とで綱引きをしている状態なのです。

マイナスに引っ張る力があるためそんなに簡単にスーッと良くなるということはないのです。

ただ今までの経験上、薬が完璧に合っていると思う時には治療を続けていくと多くの場合、改善が見られているのです。

そのためもう少し続けてもらいたいという気持ちはあります。

ただそれもFSH(卵胞ホルモン)の値次第かなと思います。

卵巣機能が回復してきているのであれば必ずFSH(卵胞刺激ホルモン)の値も下がってきているはずなのです。

一番最初が144で前回が F 11が131です。

自分がとりあえず目標にしていた数値はFSHが100前後です。

ここまで下がっているかどうかがポイントになります。

そのため、とりあえずどこでもいいので病院に行って FSH(卵胞刺激ホルモン)の値を調べて連絡してもらうようにお願いしました。

この数字が私の思っていた数値よりもしFSH110以上と高ければこれで治療はおしまいです。

そのため次回の予約は取っていません。

電話で連絡してもらうことになっています。

そのためこの現在47歳になられた患者さんは今回で最後になるかもしれません。

うまく結果に結びついてくれたらいいのですけれども・・・

46歳、初産で自然妊娠を目指すを地でいく患者さん化学流産かも・・・

46歳で不妊治療されている患者さんが来られました。
この方はこのブログのタイトルの46歳初産で自然妊娠を目指すを地でいく患者さんです。
最初は病院にも通われていたのですけれども最近は仕事の忙しさもあり、病院に通えずにウチの漢方薬局だけ来られています。
この日も患者さんは仕事帰りにうちの漢方薬局に来られました。
「調子はどうですか?」とお伺いをすると・・・
生理予定日が過ぎているのになかなか生理がこないということです。
このぐらいの年齢の方になると、生理が来ない時というのは無排卵で生理が飛んでしまうことも出てくるので まずは基礎体温を見てチェックしてみる必要があります。
そうすると 綺麗に二層に分かれているので 排卵はしているようです。
なおかつ 高温期がいつもより長く続いているように思えます。
この方は今まで生理周期は一定で ほとんどずれたことはないそうです。
このように高温期の周期が伸びる場合というのはホルモン剤の服用やHCGなどの注射を受けた時に多いのです。
しかしこの方は現在病院に通っておられないのでHCGの注射も受けてないですし、黄体ホルモンを内服していません。
そうするとあと考えられるのは漢方薬による影響です。
けれども漢方薬は今までと 基本的に変わっていません。
しいて言えば 漢方薬の量を減らしてきているくらいです。
そのため漢方薬による影響も考えにくい です。
そのため可能性としては 妊娠の可能性があります。
そこで「妊娠検査薬はされましたか?」とお伺いすると 、してみたけれども反応が出ないとのこと。
ただしこの方の使った妊娠検査薬というのは、生理予定日一週間後から出るタイプのものです。
そこで 生理予定日当日からでもチェックできるタイプの妊娠検査薬の購入をお勧めしたのですけれども、このタイプの妊娠検査薬はドラッグストアで購入することはできないのです。
このタイプの妊娠検査薬は医薬品の第一類という分類に含まれていて、調剤薬局を併設しているドラッグストアでないと買えないのです。
尚且つその調剤薬局が開いている 時間帯で調剤薬局の薬剤師が販売しないと法律上無理なのです。
そして調剤局というのは多くの場合、夕方の5時とか6時には閉まってしまうケースがほとんどなのです。
この患者さんは夕方6時まで仕事をしているので買うチャンスがなかなかないのです。
もし妊娠されていた場合、漢方薬は通常のものから流産止めに変わるケースが多いのです。
そのためとりあえず、今飲まれている漢方薬はお休みして様子を見てみることにしました。
そして仕事の合間でも良いので一類の妊娠検査薬を買ってチェックしてもらうようにお願いをしました。
それから約一週間 連絡がなかったのですが連絡があり、「どうですか?」と伺いすると生理がきたということでした。
ただ高温期はずっと続いてた ということで妊娠検査薬をもう一度試そうと思ったところ生理が来たそうです。
今回のこの状態というのはおそらく化学流産だったのではないかと思います。
ご本人さんもこんなに高温期がなく着いたことはなかったそうです。
結果としては残念でしたけれども今まで化学流産なども一回も起こったことがなかったということで体が妊娠しやすい体に近づいているという証拠だと思います。
一度どんな形であっても妊娠した人は、妊娠しやすい身体に近づいているので、半年以内に妊娠される方が多いように思います。
そのため、この方には今後の事も考えて一類の妊娠検査薬を買っといてくださいねという話を しておきました。
正直惜しかったと思います。でもまた気持ちを切り替えて、次頑張るしかないのです。

46歳FSH145の崖っぷち高齢不妊患者さんのその後

高齢不妊治療イメージ

46歳でFSHが145でもう閉経しているので不妊治療は無理だと病院で言われた高齢不妊患者さん来られました。

この方、現在は不妊の病院には通っていません。

うちの漢方薬一本だけです。

FSHが145が判明したのは約4か月前のことです。

FSH150以上が数値上の完全閉経です。

そのため、現在の状況が分からないのでFSHなどの値を血液検査で調べてもらいたいという話を以前からしていました。

それで今回健康診断があった際についでにこのFSHなどをはじめとする女性ホルモンの値も一緒に測ってもらうようにお願いしました。

漢方薬を続けて数ヶ月経過していまますので目標はFSH100前後でした。

そして患者さんが来られました。

実際のFSHの値を聞いてみると131だったそうです。微妙な数値です。

不妊治療イメージ

ここ数回は ベストな漢方薬がなかなか見つからずに苦労しているのもあるのかもしれませんけれどもなかなか厳しい結果でした。

この検査結果を受けてこの高齢不妊の患者さんも治療継続しようかどうか悩んでおられるみたいです。

ウチの漢方薬局でも今まで出産まで至ってる高齢不妊の患者さんの場合FSHの値はだいたい100ぐらいまでなのです。

しかも100ぐらいの場合、漢方単独ではなく、不妊専門の病院との併用で出産まで至っているケースが多いのです。

FSHが70~80ぐらいであれば漢方薬を単独で 用いてFSHが30以下まで下がったことは 過去にはあります。

そのため、そのぐらいであればいける可能性はあるかもしれませんが、それでもなかなか厳しいです。

高齢不妊治療イメージ

FSHが100くらいまで下がってくれば不妊専門の病院に治療を再び受けることができるのではないかと思って100まで下げるの目標にしていたのですけれども 私自身も 正直 悩んでしまいました 。

放っておけば、さらに数値は上がっていくはずなので、それが下がっているということは効いていないわけではないのです。

効いていないわけではないけれども、効くレベルが足りないのです。

方向性としてはおそらく間違っていないと思うのですけれども 効果としては不足しているということです。

この高齢不妊治療の患者さんからはもう無理なら無理とはっきり言ってほしいと 言われました。

実際のところかなり難しいと思います。

しかし、一方でこの不妊症の患者さんも諦めきれないという部分もまだ残っているみたいです。

非常に悩ましいところです。

食養生イメージ

その後にもう少し話をして とりあえず年内までやってみようという話になりました。

そこで今回から今まで使ってなかった健康食品なども含めて再度検討することにしました。

この患者さんの状態もう一回チェックして見直してみると以前スクワレンが良いと思っていた部分にDHEAの方が合うという反応を感じました。

DHEAは以通われていた神戸の不妊専門のクリニックでも勧められていて、一時を服用されて いたのです。

その段階では私はDHEAよりもスクアレンの方が合ってると思ったので、DHEAは休んでいただいたのですけれども、あの時とは身体の状態が変わってきているのだと思います。

そこで DHEAを服用していくいただくことと漢方を前回とは変えて飲んでいただくこと それから 食養生といってこの方の今の状態に必要と思われる食べ物を意識して摂ってもらうように気をつけてもらう ことをお願いしました。

おそらく年内にもう一度血液検査をしていただいて、FSHの値が 下がってこなければお終いなると思います。

とにかくそこまでベストを尽くしてやっていきたいと思います。

46歳くらいに なってくると突然生理不順(不妊症)が出てくる

46歳の患者さんがまた突然生理不順になった話について

46歳で不妊治療している患者さんが来られました。

この方はいろんな事情があって不妊治療と言っても体外受精はすることができず、人工授精までしかできません。

最初に来られた時に 2ヶ月ぐらい生理が来なくて不安になって漢方相談に来られたのですけれども、漢方薬を飲み始めてしばらくしてからまた 順調にくるようになりました。

しかし、またついこの間、生理がいつもよりかなり遅れていて不安になり、病院に行ったそうです。

高齢不妊イメージ

そして病院で検査をしてもらったら甲状腺の機能が低下してきているとのこと。

甲状腺が低下してきているということは代謝が低下してきているということです。

こういうことも 40歳を 超えてきた高齢不妊治療の患者さんにはよく見られることです。

そして病院で他に検査をしてもらったら、左卵管の閉塞も見つかったということです 。

甲状腺機能亢進症や卵管閉塞はもちろん問題ではあるのですけれども、一番注意しなければならないのはやはり生理がすごく伸びてしまったり、すごく早く来てしまったりすることです。

これはもう間違いなく卵巣の機能(閉経に近づいてきている)に直接関わってくる問題です。

そういう時に卵巣の機能を正常にする最適な漢方薬を見つけることが重要になります。

高齢不妊治療イメージ

しかしそれは患者さん一人一人によって全く異なるため、丁寧に体の変化をチェックしていかないと見極めることができません。

基礎体温 の変化を再度チェックし、病院に行っていれば血液検査や画像診断など何か変化が無かったか聞く必要があります。

また再度患者さんに問診をし直し、今までと何か変化がないかということを細かく聞いていくこと等が大事になります。

なんでもそうですけれども、早い段階で対応すればすぐに回復してくるのですけれども、対応が遅れるとどんどん物事は厄介になっていきます。

不妊治療も同じで早め早めに対応していくことが重要です。

さてこの患者さんで今回生理が遅れた原因として考えられるのは一つは血虚の問題です。

血虚というのは漢方的に言ったら血が足りないという状態です。

ただし血が足りないといっても単純な貧血とは異なります。

この血虚の一番進んだ状態が閉経なので。

40代不妊治療イメージ

漢方的に閉経とは出す血がなくなったから生理が来ないという状態です。

しかし閉経は貧血ではないですよね?

つまりこの生理ががなくなってしまった血というのは血液その後ではな、女性ホルモンのことを間接的に表していると考えられるのです。

そのためこの女性ホルモンの分泌を促進させるような漢方薬が必要になるわけです。

そういったものが漢方でいう補血薬と言われるものなのです。

補血薬というものは実際には何種類もあって、薬をその選ぶ 能力が経験であった、 技術能力であったりするわけです。

今回のこの方の場合に関して言えば、やはり 同じ血虚であっても体質的な血虚の問題ではなく、年齢によって出てきた結果であると考えられました。

そのため 血虚の漢方薬の中でも年齢によって生じている血虚を治療する漢方薬を出しました。

そしてもう一つ甲状腺機能低下症 などからヒントを得て 卵巣機能全般の機能低下も起こっているのではないかと思い、その部分を漢方的にチェックしてみるとやはり問題がありました。

そのためこの部分に関しても漢方薬を追加することにしました。

今回はうまく合う薬を見つけることができましたが、だんだん高齢が進んでくると、合う薬がなかなか見つけづらくなったり、ものすごくたくさんの漢方薬を飲まなければならなくなったりします。

そのため少しでも早く妊娠してもらいたいのですけれども、なかなかこれも思い通りにはなりません。

それが高齢の不妊治療だという言い方もできなくはないです。

それでも希望を持って治療を続けられてる患者さんのためにもとは思うのですが、日々悪戦苦闘です。

タンポポ茶と高齢不妊治療

タンポポ茶と高齢不妊治療について

商品名に関してはあえて書きませんけれども不妊治療の際に、ドラッグストアなどで売られているメジャーなたんぽぽ茶があります。

液体のタイプです。

この液体のたんぽぽ茶は一度は使ったことがある方は多いのではないかと思うのですが、実際これを気功でチェックしてみて 間違いなく言えることは、これを飲んで副作用が出る人は1人もいないと言うことです 。

逆にこれを飲んですごく不妊のツボの反応が良くなると言う人はいません。

つまり不妊治療として可もなく不可もないと言うのが私の個人的な意見です。

ただしこの話はこのたんぽぽ茶を一日一包服用した場合の話です。

中国では一般的にたんぽぽの根っこは蒲公英と言う名前で、漢方生薬の一つで通常は不妊治療に使いません。

一般的には清熱解毒と言って 炎症化膿した炎症みたいなものに使うことが多いのです。

しかしこの液体のたんぽぽ茶は健康食品であるため効果は歌ってはいけないのですけれども、ホルモン調節作用や毛細血管循環改善作用などが期待されると書かれています。

この作用を漢方的に考えるとどうなるのかと言うと活血作用があると言うことになると思います。

つまり血液をサラサラにする作用があると言うことです。

血液をサラサラにする作用があると言うことは血液がドロドロであれば効くわけです。

漢方ではこの血液ドロドロの状態を瘀血という言葉で表現します。

一方をその瘀血と逆の様な 状態を表す言葉が血虚です。

つまり血が不足している状態です。(実際には女性ホルモンの不足を表す言葉でもあります)

基本的には瘀血と血虚は反対の関係にあります。

一般的に高齢になってくると生理の量や 生理の日数が減ってきます。

つまりトータルで出す血の量減ってくるわけです。

そして徐々にその生理の間隔などが伸びていって1年間に12回あったものが毎月生理が来なくなり、1年間に10回、8回、6回というように徐々に減ってゆき、最後にはなくなってしまいます。

それが閉経です。

閉経状態を漢方的な解釈で言うと血虚が最も進んだ状態という風に考えることができます。

つまり出す血がなくなってしまったから生理が来なくなったという風に考えるのです。

この血虚の状態に 基本的には高齢になれば進んでいくわけです。そのため高齢の不妊の患者さんの治療の原則は補血(血を補う)ということになります。

一方、たんぽぽ茶は基本的には活血の作用があります。

なのでたんぽぽ茶を飲んでいくと基本的には血虚を助長する可能性があります。

つまり 閉経が早く進んでいく可能性があるのです。

しかしたんぽぽ茶を飲んで良いタイプの患者さんはおられます。

それはもともとの体質が瘀血体質の人です。

つまり元々タイプとして血液がドロドロのタイプです。

最も典型的なタイプは 過食で太っている様なタイプの方です。

そういう方は瘀血体質を持っています。

そういう方がたんぽぽ茶を飲んでも全く問題ないですし、場合によっては改善する可能性があると思います。

このタイプを無視してたんぽぽ茶を飲むと言うのはどうなんだろうと私は思います。

そしてさらに問題なのはそういう基本的な知識を理解せずにたんぽぽ茶を使っている薬局ドラッグストアなどが多いと言うことです。

そのため大量に取れば取るほど体がよくなるというような話をしてしまうことによって逆に状態を悪くしている方もおられます。

健康食品がこれが良いと言うのは人によってそれぞれです。

自分にそれが本当に合ってるのかどうかを理解して使うことが大事だと思います。

46歳でFSH140オーバーの崖っぷち高齢不妊症の患者さんのその後

46歳の不妊治療の患者さんが来られましたこの方は以前にも書いたと思いますけれども FSHが150近い患者さんです。

この方は現在病院には通われていません。

うちの漢方薬局とあとは現在は整膚いう整体の治療を受けられているだけだと思います。

この患者さんの 治療していて一番の悩みは排卵しているかどうかです。

生理も不定期になってきていてなかなか 生理も来ません。

病院で排卵誘発剤を使えば排卵するかもしれませんけれども病院に行くともう不妊治療なんてやめた方が良いという風に言われてしまうのでとても 踏ん切りが つかず病院には行けていないのです。

そのため漢方薬だけで治療しているのですけれども、現在のホルモン値がどうなっているのか漢方の効きがどうなっているのかというところも客観的に判断することができないために常に悩みながら治療を行っています。

前回来られた時に、基礎体温を見せてもらった時、ひょっとしたらこれは高温期かもしれないと思うすごく小さな山が 出来上がっていました。

しかしまだその時点では生理も来てなくて何とも言えなかったのですけれどもそれから数日してその患者さんから電話があってあのあと性が来ましたという連絡がありました。

それで今日改めて漢方相談の日を迎えたのです。

そこで基礎体温を再度チェックしてみるとやはり小さな山ができてこれは高いてそれが下がったあとに生理が来ているので、あれはやはり高温期だったのではないかと思います。

ただし、実際には病院でエコーの画像などを見ていないわけですからはっきりとは言えないです。

でも基礎体温の形状は排卵しているのではないかと思われました 。
患者さんが来局時に入ってこられたときにまず大雑把に身体の状態を気功でチェックするのですけれども、今日の最初の印象としては、今飲んでいる薬が合わなくなったのではないかと感じを持ちました。

そこで詳細に 不妊のツボで今飲んでいる薬が合ってるかどうかをチェックしてみると、・・・やはり合っていないような気がします。

そこでもう一度この方に合う漢方薬を探してみたのですけれども、なかなか合う薬が見つかりません。

不妊症でも46歳という年齢になってくると単純な漢方薬では無理で何種類かの漢方薬を併用する形になります。

その組み合わせが無限にあるので なかなか難しいのです。

基礎体温を頼りに薬の組み合わせを探していきます。

そして最終的にその薬が合うかどうかは気功によってチェックをしていきます。

その日は いろいろ考えられることを想定して薬の組み合わせを考えてみたのですけれども合う薬を見つけることができませんでした。

そこで一度改めて前回の漢方相談のことを思い出してみると、そういえば前回、整膚の治療を受けている先生からスクワレンをもらって飲んでいるという話を伺いました 。

その時に合わないような気がしたのですけれどもどうしても飲みたいというご本人の意思があったため ok を出したのです。

けれどもひょっとしたらこのスクワレンが影響しているのかなと思い再度チェックしてみるとやはりこれが影響しているような気がします。

そそでもう一度今飲んでる漢方薬 とスクワレンと今飲んでいる漢方薬の組み合わせが合うかどうかそれぞれチェックしてみると漢方薬単独であればまだ行けそうです。

つまり今飲んでいる漢方薬と 他の治療院でもらったサプリメントの組み合わせが 良くなかった訳です。

そこで患者さんに事情説明して とりあえず その治療に向けたしてもらっているスクアレンを 一時的に休んでもらうことにしました。

それで身体の状態が改善するかどうかを再び見て見ようと思っています。

また2週間後です。

現在46歳で、初産で自然妊娠を目指している患者さん の話を書きます

現在46歳で、初産で自然妊娠を目指している患者さんについて

今日は本当に46歳で初産で自然妊娠を目指している患者さんの話を書きます。

多分この患者さんの話はまだ書いてないと思います。

この方は 元々備後地区 に住んでおられて倉敷成人病センターなどで治療を受けられていたのですけれども、体外受精をやっても、顕微授精をやっても、なかなか結果が出ず、インターネットで漢方薬をご主人と一緒に服用されてむしろ状態が悪くなってきたので不安に思ってうちの薬局に相談に来られたのです。

最初の段階でこの患者さんの漢方薬をチェックしてみると、正直全く合っていませんでした。

それで金額はかなりの高額で、二人で 1ヶ月あたり10万円弱ぐらいの金額を払われていました。

正直、ここの漢方薬局は結構こういう話を聞きます。

ネットで結構盛んに宣伝していてホームページも綺麗なのですけれども実際にはちょっと治療の実力が伴っていないと思われるのです。

というのも、同様の相談を過去に数回受けているのです。

漢方を出してもらって半年、1年とたっているけれども一向に症状が改善しないという話を聞きます。

ということで 話は少しそれましたけれどもそういう患者さんが来られています。

それでこのご主人の方も男性不妊があったのですけれども、この漢方薬局から出されている薬をまずやめてもらってうちで出した最小限の漢方薬だけ飲んでもらうことにしました。

そおうすると数値は服用2か月くらいですっと改善しました。

具体的には何をしたのか?ということですけれども、そんな大したことはしていません。この方に合うと思われる漢方薬だけに絞って出しただけです。

前の電話で相談して漢方薬を送ってもらうタイプの漢方薬局では1ヶ月あたり3万円だったのですけれどもウチでは1ヶ月1万円ですんでいます。

簡単に言えばこのご主人の場合は漢方薬を飲みすぎていたのです。

漢方薬を飲めば飲むほど元気になるのであればお金持ちはみんな元気になったり、妊娠します。

でも実際にはお金持ちでも病気治らない方はたくさんお垂れますし、妊娠しない人もたくさんいます。

食べ物に例えてもらうとわかると思うのですけれども、たくさん食べれば食べるほど健康になるのかといったらそんなことはないです。

食べ過ぎたら今度は食べ過ぎたで胃もたれとか肥満とか別な問題が出てきます。

体の調子が良い時と言うのは腹八分です。

腹12分とか取ってしまうと当然体調が良い理由はありません。

また腹八分であっても、もともと胃もたれしやすい人が、脂ギトギトのステーキを腹八分食べたら当然調子を崩します。

胃もたれしやすい人はやっぱりあっさりしたもののほうが胃もたれしないはずです。

いや、元気になるにはステーキ食べたほうが良い!!そういう理屈は確かにありますが、実際には

こういう場合は胃腸に負担のかからないものでこの方に合っているものを適量とることで調子は良くなるのです。

この話はどなたでも納得できるのではないかと思うのですが、これが漢方薬の話に置き換わると、とたんに皆分からなくなってしまうのです。

治療の原則は必要なものを必要な量だけ取るというのが大事なことなのです。

もちろん不妊治療でも高齢になるとかなりの量が必要になるケースがあります。

それでも大事なのはその人にとって必要な量を取るということと合っているものを取るということなのです。

46歳の患者さんでずっと生理が来ていなかった患者さん排卵しそうです!!

46歳で初産で自然妊娠できる タイプかどうかについてのところで書いた 46歳の患者さんについて のその後について書きます。

この方の話を少し サイド 書きますけれども、この方は東京の有名な栄養療法得意とするクリニックで治療を受けてから生理がこなくなった方です。

それでその後 、自分でいろいろやってみたりもしたけれども、うまくいかず病院も帰らりしてうまくいかず 、私の漢方薬局に来られたのです。

その後私が 神戸の夢クリニックを勧めたのですが、丁度その時期に乳房に腫瘍らしきものが見つかり、検査をすることになったのです。

ますその間は不妊治療ができず、漢方だけで治療していたのです。

その後検査を受けられた結果その乳房の腫瘍は特に問題なしと言う事でした。

そこで再度、46歳ということで時間がないので、どこでもいいからクリニックで 検査を受けた方が良いという話をしました。

この方はその時 神戸夢クリニックよりも英クリニックの方に興味を持たれていたので 英クリニックに行ってみたらどうでしょうという話をしました。

それから2週間後に来られた時にやっとクリニックに行かれて いたようです。

その時の話を伺うと、血液検査を受けられてFSH(卵胞刺激ホルモン)の値は、その時点で70ぐらいだったみたいです。

うちの薬局に最初に来られた時に90を超えていたので20は下がっているみたいです。

でも何より良かったのは 最初に病院に行った段階で卵が育っているという風に言われたことです。

なかなか漢方的に見てFSH(卵胞刺激ホルモン)の値の改善スピードが遅かったので 大丈夫かなと心配していたのですが、とりあえず卵が育っており多分排卵しそうだという風に言われたので とりあえずホッとしました。

FSH(卵胞刺激ホルモン)の値の改善度合いは当然その患者さんの最初のFSH(卵胞刺激ホルモン)の値によって当然変わってきますけれども、下がる人は20ぐらいまで下がるのですけれども、この方はあまり下がっていませんでした。

それでも卵は育つのだということがわかりましたし、何より 本人も閉経してしまったのではないかとずっと不安に感じていたので、卵が育っていたという事実は、まだ妊娠できる希望があるということでホッとされたと思います。

私もほっとしました。

とりあえずはよかったです。

46歳で来局されてからまだ生理が来てない初産で妊娠を目指している患者さんの話

うちの薬局には 現在46歳で 初産で妊娠を目指している患者さんが6名おられます。

今日はそのうちの1人について書いてみたいと思います。

この方は 神戸の有名な不妊専門クリニックで治療を受けられていたのですが、そのクリニックが 結構厳しいクリニックで 精神的に参ってしまったのもあり、やめてしばらくしてから来られたのです。

その不妊専門クリニックに通っていた間でもあまり良い結果は出ていませんでした。

うちの漢方薬局に来られてからも、もう3ヶ月は経過していますが、排卵しない ままです。

私もだんだん今の状況に対して不安を感じてきたので、現在の状況を知るためにも 再度病院で検査を受けていただくようにお願いをしました。

そしてどこが良いのか尋ねられたので現時点では 46歳の患者さんにも丁寧で親切な対応をしている広島駅の近くにあるクリニックをおすすめしました。

そして実際に行かれてみて、私の話した通りとても親切で優しい対応だったそうです。

そこでさらに治療を継続することになったようです。

そして 検査をしてみると FSH(卵胞刺激ホルモン)の値は70 だったそうです。かなり高い値です。

そこから病院での治療がスタートしました。

基本的にはカウフマン療法ような治療を行っているようです。

ただしカウフマン療法のようにはっきり、ホルモン治療の時期と自力排卵するか様子を見る時期に分けて治療を行っているわけではないです。

なんとなくとにかく排卵させることに重きを置いているようなホルモン剤の使い方のような気がします。

この治療で、この方の場合はFSH(卵胞刺激ホルモン)がぐんぐん下がってきて、現在は20を切るところまで来たみたいです。

そして 卵が 育っていると言う話を聞きました。

まだまだ小さいですけれども10mmということだそうです。

まだ卵胞は小さいので今後の経過をみないと何とも言えませんが、ここしばらくは 卵も育っていたかどうか怪しかったので、10mmとは言え、卵ができていたことはとても嬉しいことでした。

この方には今の病院の治療はあってるように思えるので継続的に治療してみたら?というアドバイスをしました。

何はともあれ一安心です。

 

46歳で初産で自然妊娠できるタイプかどうかについて

46歳で少し遠方から来られている患者さんが来られました.。

このはやはり生理が現在来ていません。

この形が生理が来なくなった原因はとある東京の栄養療法を得意とするクリニックで治療を受けたことがきっかけだと本人さんは言っています。

そこで食事制限やDHEAなどを服用してから突如として 生理が来なくなったらしいです。

話を聞く限りここでの食事制限はかなり厳しい食事制限だったようです。

形としては糖質制限ダイエットのような食事制限を行っていたみたいです。

とりあえず言えることはそこで治療した結果として今まで順調だった生理が途中落としてこなくなったということです。

その後病院を変えたりしていろんな治療を試みているようですがうまく結果につながっていません。

それもあってうちの薬局に来られたみたいです。

現在この方には高齢で用いる生理不順の漢方薬や卵巣の働きを高めて卵を育てるような漢方薬を使っているのですが、 なかなか目に見えた改善は今のところ見えません。

なおかつこの方は現在、不妊専門のクリニックに通っていません。

なぜならこの間、乳がん検診で影のようなものが見つかって不妊治療をストップしたままになっていたのです。

早く病院に行った方が良いと言うのですが、怖がってなかなか行かず治療自体がストップしてしまっていたのです。

もし乳がんであれば 早めに治療した方がいいし、もし乳がんでなければ、不妊治療を早めに再会した方が良いどちらにしても早めにした方が良いのに後回しにしてしまって結果としていろんなものが遅れてしまっている状況です。

46歳になって妊娠しようとするのであればとにかく時間を大切に使わないといけません。

何が自分にとって必要なのか必要でないのかを吟味しないといけないのです。

それには適切なアドバイスしてくれる存在が必要になります。それは病院の先生でもいいし、漢方薬局の先生や鍼灸の先生でもいいと思います。

とにかく大切なのは 世の中に溢れているたくさんの情報の中でどれが自分にとって意味なる情報なのかを見つけ出さなければいけないのです。

それが最も難しいことなのです 話を戻しますけれども46歳で初産で自然妊娠をするためには 当然自然排卵をしないことには自然妊娠はできないのです。

今のこの方の状況で言えば、自然排卵が起きていないので自然妊娠をすることはなかなか難しいと思います。

こういう場合は自然妊娠にこだわるよりも妊娠自体にこだわる方が 重要なのではないかと思います。

まずは生理が来るようにすることが第一優先になります。

そのために漢方だけで不十分な場合は病院の力を借りたりすることも一つです。

この方は前回の栄養療法のクリニックのせいでかなり病院に不信感を持っておられます。

そのためなかなか腰が重い感じはあるのです。

けれども躊躇している時間が無いのですまずは病院に行って現在の状況を把握するということはとても重要になります。

とにかく今興味のあるクリニックでいいので行くようなお話はしています 。

次に相談に来られる2週間後までには病院に通っておいてくださいという話をしているのですが本当に入っているだろうかちょっと不安です・・・

時間が・・・ない・・・のです。