46歳くらいに なってくると突然生理不順(不妊症)が出てくる

46歳の患者さんがまた突然生理不順になった話について

46歳で不妊治療している患者さんが来られました。

この方はいろんな事情があって不妊治療と言っても体外受精はすることができず、人工授精までしかできません。

最初に来られた時に 2ヶ月ぐらい生理が来なくて不安になって漢方相談に来られたのですけれども、漢方薬を飲み始めてしばらくしてからまた 順調にくるようになりました。

しかし、またついこの間、生理がいつもよりかなり遅れていて不安になり、病院に行ったそうです。

高齢不妊イメージ

そして病院で検査をしてもらったら甲状腺の機能が低下してきているとのこと。

甲状腺が低下してきているということは代謝が低下してきているということです。

こういうことも 40歳を 超えてきた高齢不妊治療の患者さんにはよく見られることです。

そして病院で他に検査をしてもらったら、左卵管の閉塞も見つかったということです 。

甲状腺機能亢進症や卵管閉塞はもちろん問題ではあるのですけれども、一番注意しなければならないのはやはり生理がすごく伸びてしまったり、すごく早く来てしまったりすることです。

これはもう間違いなく卵巣の機能(閉経に近づいてきている)に直接関わってくる問題です。

そういう時に卵巣の機能を正常にする最適な漢方薬を見つけることが重要になります。

高齢不妊治療イメージ

しかしそれは患者さん一人一人によって全く異なるため、丁寧に体の変化をチェックしていかないと見極めることができません。

基礎体温 の変化を再度チェックし、病院に行っていれば血液検査や画像診断など何か変化が無かったか聞く必要があります。

また再度患者さんに問診をし直し、今までと何か変化がないかということを細かく聞いていくこと等が大事になります。

なんでもそうですけれども、早い段階で対応すればすぐに回復してくるのですけれども、対応が遅れるとどんどん物事は厄介になっていきます。

不妊治療も同じで早め早めに対応していくことが重要です。

さてこの患者さんで今回生理が遅れた原因として考えられるのは一つは血虚の問題です。

血虚というのは漢方的に言ったら血が足りないという状態です。

ただし血が足りないといっても単純な貧血とは異なります。

この血虚の一番進んだ状態が閉経なので。

40代不妊治療イメージ

漢方的に閉経とは出す血がなくなったから生理が来ないという状態です。

しかし閉経は貧血ではないですよね?

つまりこの生理ががなくなってしまった血というのは血液その後ではな、女性ホルモンのことを間接的に表していると考えられるのです。

そのためこの女性ホルモンの分泌を促進させるような漢方薬が必要になるわけです。

そういったものが漢方でいう補血薬と言われるものなのです。

補血薬というものは実際には何種類もあって、薬をその選ぶ 能力が経験であった、 技術能力であったりするわけです。

今回のこの方の場合に関して言えば、やはり 同じ血虚であっても体質的な血虚の問題ではなく、年齢によって出てきた結果であると考えられました。

そのため 血虚の漢方薬の中でも年齢によって生じている血虚を治療する漢方薬を出しました。

そしてもう一つ甲状腺機能低下症 などからヒントを得て 卵巣機能全般の機能低下も起こっているのではないかと思い、その部分を漢方的にチェックしてみるとやはり問題がありました。

そのためこの部分に関しても漢方薬を追加することにしました。

今回はうまく合う薬を見つけることができましたが、だんだん高齢が進んでくると、合う薬がなかなか見つけづらくなったり、ものすごくたくさんの漢方薬を飲まなければならなくなったりします。

そのため少しでも早く妊娠してもらいたいのですけれども、なかなかこれも思い通りにはなりません。

それが高齢の不妊治療だという言い方もできなくはないです。

それでも希望を持って治療を続けられてる患者さんのためにもとは思うのですが、日々悪戦苦闘です。

46歳でFSH140オーバーの崖っぷち高齢不妊症の患者さんのその後

46歳の不妊治療の患者さんが来られましたこの方は以前にも書いたと思いますけれども FSHが150近い患者さんです。

この方は現在病院には通われていません。

うちの漢方薬局とあとは現在は整膚いう整体の治療を受けられているだけだと思います。

この患者さんの 治療していて一番の悩みは排卵しているかどうかです。

生理も不定期になってきていてなかなか 生理も来ません。

病院で排卵誘発剤を使えば排卵するかもしれませんけれども病院に行くともう不妊治療なんてやめた方が良いという風に言われてしまうのでとても 踏ん切りが つかず病院には行けていないのです。

そのため漢方薬だけで治療しているのですけれども、現在のホルモン値がどうなっているのか漢方の効きがどうなっているのかというところも客観的に判断することができないために常に悩みながら治療を行っています。

前回来られた時に、基礎体温を見せてもらった時、ひょっとしたらこれは高温期かもしれないと思うすごく小さな山が 出来上がっていました。

しかしまだその時点では生理も来てなくて何とも言えなかったのですけれどもそれから数日してその患者さんから電話があってあのあと性が来ましたという連絡がありました。

それで今日改めて漢方相談の日を迎えたのです。

そこで基礎体温を再度チェックしてみるとやはり小さな山ができてこれは高いてそれが下がったあとに生理が来ているので、あれはやはり高温期だったのではないかと思います。

ただし、実際には病院でエコーの画像などを見ていないわけですからはっきりとは言えないです。

でも基礎体温の形状は排卵しているのではないかと思われました 。
患者さんが来局時に入ってこられたときにまず大雑把に身体の状態を気功でチェックするのですけれども、今日の最初の印象としては、今飲んでいる薬が合わなくなったのではないかと感じを持ちました。

そこで詳細に 不妊のツボで今飲んでいる薬が合ってるかどうかをチェックしてみると、・・・やはり合っていないような気がします。

そこでもう一度この方に合う漢方薬を探してみたのですけれども、なかなか合う薬が見つかりません。

不妊症でも46歳という年齢になってくると単純な漢方薬では無理で何種類かの漢方薬を併用する形になります。

その組み合わせが無限にあるので なかなか難しいのです。

基礎体温を頼りに薬の組み合わせを探していきます。

そして最終的にその薬が合うかどうかは気功によってチェックをしていきます。

その日は いろいろ考えられることを想定して薬の組み合わせを考えてみたのですけれども合う薬を見つけることができませんでした。

そこで一度改めて前回の漢方相談のことを思い出してみると、そういえば前回、整膚の治療を受けている先生からスクワレンをもらって飲んでいるという話を伺いました 。

その時に合わないような気がしたのですけれどもどうしても飲みたいというご本人の意思があったため ok を出したのです。

けれどもひょっとしたらこのスクワレンが影響しているのかなと思い再度チェックしてみるとやはりこれが影響しているような気がします。

そそでもう一度今飲んでる漢方薬 とスクワレンと今飲んでいる漢方薬の組み合わせが合うかどうかそれぞれチェックしてみると漢方薬単独であればまだ行けそうです。

つまり今飲んでいる漢方薬と 他の治療院でもらったサプリメントの組み合わせが 良くなかった訳です。

そこで患者さんに事情説明して とりあえず その治療に向けたしてもらっているスクアレンを 一時的に休んでもらうことにしました。

それで身体の状態が改善するかどうかを再び見て見ようと思っています。

また2週間後です。

現在46歳で、初産で自然妊娠を目指している患者さん の話を書きます

現在46歳で、初産で自然妊娠を目指している患者さんについて

今日は本当に46歳で初産で自然妊娠を目指している患者さんの話を書きます。

多分この患者さんの話はまだ書いてないと思います。

この方は 元々備後地区 に住んでおられて倉敷成人病センターなどで治療を受けられていたのですけれども、体外受精をやっても、顕微授精をやっても、なかなか結果が出ず、インターネットで漢方薬をご主人と一緒に服用されてむしろ状態が悪くなってきたので不安に思ってうちの薬局に相談に来られたのです。

最初の段階でこの患者さんの漢方薬をチェックしてみると、正直全く合っていませんでした。

それで金額はかなりの高額で、二人で 1ヶ月あたり10万円弱ぐらいの金額を払われていました。

正直、ここの漢方薬局は結構こういう話を聞きます。

ネットで結構盛んに宣伝していてホームページも綺麗なのですけれども実際にはちょっと治療の実力が伴っていないと思われるのです。

というのも、同様の相談を過去に数回受けているのです。

漢方を出してもらって半年、1年とたっているけれども一向に症状が改善しないという話を聞きます。

ということで 話は少しそれましたけれどもそういう患者さんが来られています。

それでこのご主人の方も男性不妊があったのですけれども、この漢方薬局から出されている薬をまずやめてもらってうちで出した最小限の漢方薬だけ飲んでもらうことにしました。

そおうすると数値は服用2か月くらいですっと改善しました。

具体的には何をしたのか?ということですけれども、そんな大したことはしていません。この方に合うと思われる漢方薬だけに絞って出しただけです。

前の電話で相談して漢方薬を送ってもらうタイプの漢方薬局では1ヶ月あたり3万円だったのですけれどもウチでは1ヶ月1万円ですんでいます。

簡単に言えばこのご主人の場合は漢方薬を飲みすぎていたのです。

漢方薬を飲めば飲むほど元気になるのであればお金持ちはみんな元気になったり、妊娠します。

でも実際にはお金持ちでも病気治らない方はたくさんお垂れますし、妊娠しない人もたくさんいます。

食べ物に例えてもらうとわかると思うのですけれども、たくさん食べれば食べるほど健康になるのかといったらそんなことはないです。

食べ過ぎたら今度は食べ過ぎたで胃もたれとか肥満とか別な問題が出てきます。

体の調子が良い時と言うのは腹八分です。

腹12分とか取ってしまうと当然体調が良い理由はありません。

また腹八分であっても、もともと胃もたれしやすい人が、脂ギトギトのステーキを腹八分食べたら当然調子を崩します。

胃もたれしやすい人はやっぱりあっさりしたもののほうが胃もたれしないはずです。

いや、元気になるにはステーキ食べたほうが良い!!そういう理屈は確かにありますが、実際には

こういう場合は胃腸に負担のかからないものでこの方に合っているものを適量とることで調子は良くなるのです。

この話はどなたでも納得できるのではないかと思うのですが、これが漢方薬の話に置き換わると、とたんに皆分からなくなってしまうのです。

治療の原則は必要なものを必要な量だけ取るというのが大事なことなのです。

もちろん不妊治療でも高齢になるとかなりの量が必要になるケースがあります。

それでも大事なのはその人にとって必要な量を取るということと合っているものを取るということなのです。