46歳でFSH140オーバーの崖っぷち高齢不妊症の患者さんのその後

46歳の不妊治療の患者さんが来られましたこの方は以前にも書いたと思いますけれども FSHが150近い患者さんです。

この方は現在病院には通われていません。

うちの漢方薬局とあとは現在は整膚いう整体の治療を受けられているだけだと思います。

この患者さんの 治療していて一番の悩みは排卵しているかどうかです。

生理も不定期になってきていてなかなか 生理も来ません。

病院で排卵誘発剤を使えば排卵するかもしれませんけれども病院に行くともう不妊治療なんてやめた方が良いという風に言われてしまうのでとても 踏ん切りが つかず病院には行けていないのです。

そのため漢方薬だけで治療しているのですけれども、現在のホルモン値がどうなっているのか漢方の効きがどうなっているのかというところも客観的に判断することができないために常に悩みながら治療を行っています。

前回来られた時に、基礎体温を見せてもらった時、ひょっとしたらこれは高温期かもしれないと思うすごく小さな山が 出来上がっていました。

しかしまだその時点では生理も来てなくて何とも言えなかったのですけれどもそれから数日してその患者さんから電話があってあのあと性が来ましたという連絡がありました。

それで今日改めて漢方相談の日を迎えたのです。

そこで基礎体温を再度チェックしてみるとやはり小さな山ができてこれは高いてそれが下がったあとに生理が来ているので、あれはやはり高温期だったのではないかと思います。

ただし、実際には病院でエコーの画像などを見ていないわけですからはっきりとは言えないです。

でも基礎体温の形状は排卵しているのではないかと思われました 。
患者さんが来局時に入ってこられたときにまず大雑把に身体の状態を気功でチェックするのですけれども、今日の最初の印象としては、今飲んでいる薬が合わなくなったのではないかと感じを持ちました。

そこで詳細に 不妊のツボで今飲んでいる薬が合ってるかどうかをチェックしてみると、・・・やはり合っていないような気がします。

そこでもう一度この方に合う漢方薬を探してみたのですけれども、なかなか合う薬が見つかりません。

不妊症でも46歳という年齢になってくると単純な漢方薬では無理で何種類かの漢方薬を併用する形になります。

その組み合わせが無限にあるので なかなか難しいのです。

基礎体温を頼りに薬の組み合わせを探していきます。

そして最終的にその薬が合うかどうかは気功によってチェックをしていきます。

その日は いろいろ考えられることを想定して薬の組み合わせを考えてみたのですけれども合う薬を見つけることができませんでした。

そこで一度改めて前回の漢方相談のことを思い出してみると、そういえば前回、整膚の治療を受けている先生からスクワレンをもらって飲んでいるという話を伺いました 。

その時に合わないような気がしたのですけれどもどうしても飲みたいというご本人の意思があったため ok を出したのです。

けれどもひょっとしたらこのスクワレンが影響しているのかなと思い再度チェックしてみるとやはりこれが影響しているような気がします。

そそでもう一度今飲んでる漢方薬 とスクワレンと今飲んでいる漢方薬の組み合わせが合うかどうかそれぞれチェックしてみると漢方薬単独であればまだ行けそうです。

つまり今飲んでいる漢方薬と 他の治療院でもらったサプリメントの組み合わせが 良くなかった訳です。

そこで患者さんに事情説明して とりあえず その治療に向けたしてもらっているスクアレンを 一時的に休んでもらうことにしました。

それで身体の状態が改善するかどうかを再び見て見ようと思っています。

また2週間後です。

Follow me!