タンポポ茶と高齢不妊治療

タンポポ茶と高齢不妊治療について

商品名に関してはあえて書きませんけれども不妊治療の際に、ドラッグストアなどで売られているメジャーなたんぽぽ茶があります。

液体のタイプです。

この液体のたんぽぽ茶は一度は使ったことがある方は多いのではないかと思うのですが、実際これを気功でチェックしてみて 間違いなく言えることは、これを飲んで副作用が出る人は1人もいないと言うことです 。

逆にこれを飲んですごく不妊のツボの反応が良くなると言う人はいません。

つまり不妊治療として可もなく不可もないと言うのが私の個人的な意見です。

ただしこの話はこのたんぽぽ茶を一日一包服用した場合の話です。

中国では一般的にたんぽぽの根っこは蒲公英と言う名前で、漢方生薬の一つで通常は不妊治療に使いません。

一般的には清熱解毒と言って 炎症化膿した炎症みたいなものに使うことが多いのです。

しかしこの液体のたんぽぽ茶は健康食品であるため効果は歌ってはいけないのですけれども、ホルモン調節作用や毛細血管循環改善作用などが期待されると書かれています。

この作用を漢方的に考えるとどうなるのかと言うと活血作用があると言うことになると思います。

つまり血液をサラサラにする作用があると言うことです。

血液をサラサラにする作用があると言うことは血液がドロドロであれば効くわけです。

漢方ではこの血液ドロドロの状態を瘀血という言葉で表現します。

一方をその瘀血と逆の様な 状態を表す言葉が血虚です。

つまり血が不足している状態です。(実際には女性ホルモンの不足を表す言葉でもあります)

基本的には瘀血と血虚は反対の関係にあります。

一般的に高齢になってくると生理の量や 生理の日数が減ってきます。

つまりトータルで出す血の量減ってくるわけです。

そして徐々にその生理の間隔などが伸びていって1年間に12回あったものが毎月生理が来なくなり、1年間に10回、8回、6回というように徐々に減ってゆき、最後にはなくなってしまいます。

それが閉経です。

閉経状態を漢方的な解釈で言うと血虚が最も進んだ状態という風に考えることができます。

つまり出す血がなくなってしまったから生理が来なくなったという風に考えるのです。

この血虚の状態に 基本的には高齢になれば進んでいくわけです。そのため高齢の不妊の患者さんの治療の原則は補血(血を補う)ということになります。

一方、たんぽぽ茶は基本的には活血の作用があります。

なのでたんぽぽ茶を飲んでいくと基本的には血虚を助長する可能性があります。

つまり 閉経が早く進んでいく可能性があるのです。

しかしたんぽぽ茶を飲んで良いタイプの患者さんはおられます。

それはもともとの体質が瘀血体質の人です。

つまり元々タイプとして血液がドロドロのタイプです。

最も典型的なタイプは 過食で太っている様なタイプの方です。

そういう方は瘀血体質を持っています。

そういう方がたんぽぽ茶を飲んでも全く問題ないですし、場合によっては改善する可能性があると思います。

このタイプを無視してたんぽぽ茶を飲むと言うのはどうなんだろうと私は思います。

そしてさらに問題なのはそういう基本的な知識を理解せずにたんぽぽ茶を使っている薬局ドラッグストアなどが多いと言うことです。

そのため大量に取れば取るほど体がよくなるというような話をしてしまうことによって逆に状態を悪くしている方もおられます。

健康食品がこれが良いと言うのは人によってそれぞれです。

自分にそれが本当に合ってるのかどうかを理解して使うことが大事だと思います。

Follow me!