46歳で来局されてからまだ生理が来てない初産で妊娠を目指している患者さんの話

うちの薬局には 現在46歳で 初産で妊娠を目指している患者さんが6名おられます。

今日はそのうちの1人について書いてみたいと思います。

この方は 神戸の有名な不妊専門クリニックで治療を受けられていたのですが、そのクリニックが 結構厳しいクリニックで 精神的に参ってしまったのもあり、やめてしばらくしてから来られたのです。

その不妊専門クリニックに通っていた間でもあまり良い結果は出ていませんでした。

うちの漢方薬局に来られてからも、もう3ヶ月は経過していますが、排卵しない ままです。

私もだんだん今の状況に対して不安を感じてきたので、現在の状況を知るためにも 再度病院で検査を受けていただくようにお願いをしました。

そしてどこが良いのか尋ねられたので現時点では 46歳の患者さんにも丁寧で親切な対応をしている広島駅の近くにあるクリニックをおすすめしました。

そして実際に行かれてみて、私の話した通りとても親切で優しい対応だったそうです。

そこでさらに治療を継続することになったようです。

そして 検査をしてみると FSH(卵胞刺激ホルモン)の値は70 だったそうです。かなり高い値です。

そこから病院での治療がスタートしました。

基本的にはカウフマン療法ような治療を行っているようです。

ただしカウフマン療法のようにはっきり、ホルモン治療の時期と自力排卵するか様子を見る時期に分けて治療を行っているわけではないです。

なんとなくとにかく排卵させることに重きを置いているようなホルモン剤の使い方のような気がします。

この治療で、この方の場合はFSH(卵胞刺激ホルモン)がぐんぐん下がってきて、現在は20を切るところまで来たみたいです。

そして 卵が 育っていると言う話を聞きました。

まだまだ小さいですけれども10mmということだそうです。

まだ卵胞は小さいので今後の経過をみないと何とも言えませんが、ここしばらくは 卵も育っていたかどうか怪しかったので、10mmとは言え、卵ができていたことはとても嬉しいことでした。

この方には今の病院の治療はあってるように思えるので継続的に治療してみたら?というアドバイスをしました。

何はともあれ一安心です。

 

Follow me!