46歳で自然妊娠を目指す二人目不妊のやっちまった患者さんの話の続き

46歳で自然妊娠を目指す二人目不妊のやっちまった患者さんの話の続きについて

46歳で自然妊娠を目指す二人目不妊のやっちまった患者さんが再び来られました。

あれから2週間経って「調子はどんな感じ?」といつも通り聞いてみると

生理が自然に来たとのこと、よかったです(ホッ)

しかし、もうこういう無理なダイエットとかはしないように念を押しておきました。

46歳で自然妊娠をしようとするのは、高齢でトップアスリートでいるのと同じように難しいことなのです。

例えばキングカズをイメージしてもらえばわかると思いますが、あの年で現役でいるというのはなかなか大変な事なのです。

放っておけばどんどん身体は衰えてゆくわけです。その衰えをカバーするために食事や体のメンテナンスを非常に気を使っているわけです。

その日ごろの地道な積み重ねが今のカズを支えているわけです。

これを妊娠にあてはめて考えてみましょう!!

妊娠でも補助がなくなってしまう43歳ぐらいを境に不妊治療を諦めて諦める人がたくさんいます。

ここが妊娠率の大きなターニングポイントだから公的な補助がなくなるわけです。

その43歳を超えて現役でい続けるということはそれなりの努力が必要になるのです。

それが一つは食事であったりするのです。

食事は不妊治療の基本と考えてもらってもいいと思います。

ただし食事が良くなって妊娠するわけではないです。

けれども食事が悪いと妊娠はしづらくなると思います。

そのため食事には特に気を使っていただきたいと思います。

一番ダメなのは46歳で自然妊娠を目指す二人目不妊のやっちまった患者さんのように栄養制限をすることです。

妊娠することを家を建てることに例えるならば、漢方薬は家を建てるのに指示する人、親方であるとか大工さんみたいな存在になります。

どんなに大工さんや親方がいても家を建てる建材がなければ家はたちません。

その家を建てる建材に相当するものが食べ物・食事なのです。

どんなに腕の良い大工さんが集まってもガラクタのような建材しかなければちゃんとしてよ家は建たないのです。

そのため できるだけ良い 建材を使った方が良い家が立つに決まっています。

それは値段の高い高級なものを食べろということではありません。

バランスよく色んなものを取るという事がは重要なのです。

それから旬のものというものを取ることも重要です。

旬のものは東洋医学で言う気(エネルギー)が強いのです。

この旬のものを食べることで食べた人の身体にも(気)エネルギーが補われるわけです。(気)エネルギーが補われることは妊娠に良い影響を与えるのです。

ただし、そんな栄養ドリンクような即効的なものではないので、継続して続けることが大事なのです。

なので、旬なものを継続して食べるようにしてくださいね!!

旬なものはスーパーに一番メインの場所に置いていてなおかつ安くなっているものなのです。

これが食養生の基本です。

Follow me!