46歳 FSH 145越えだった崖っぷちの患者さん今回で最後かもしれません

46歳高齢不妊

46歳で FSH 144 の 崖っぷちの患者さんが来られました。

この方、ついこの間46歳から47歳になられました。

その年齢のこともありなおかつ46歳の段階でも 元々生理が来なくなってうちの漢方薬局に相談に来られたのです。

その後、うちの薬局で漢方治療を初めて数回は生理は来たのですけれども、また何か月も生理が来ていない状態が続いているのです。

やはり生理が来る来ないというのは女性としての自信というものと関係している部分があるようです。

そういうこともあって最初のどうしても妊娠したいという思いから本当に妊娠ができるのだろうか?という気もえと現在変わりつつあるのだと思います。

ただ、今出している漢方薬は、今まで出した中で一番この方には合っていると思うのです。
しかし残念ながら、合っている漢方薬を飲んですぐに改善するほど簡単な状態ではないのです。

そのためしばらく辛抱が必要なのです。

生理が来るためには基本的には卵が20ミリ前後育つ必要があります。

残念ながら今の卵巣の状況ではそこまでの力はまだ出てきてないのだと思います。

もちろん卵巣機能が落ちてくると無排卵月経という状態も起こってははくるのですけれども、では卵巣がいつ回復してくるのかというのは正直なところわからないのです。
今この方は年齢に伴う卵巣機能の低下というマイナスに引っ張る力と漢方薬や自分の養生(生活上の改善)などの プラスに引っ張る力とで綱引きをしている状態なのです。

マイナスに引っ張る力があるためそんなに簡単にスーッと良くなるということはないのです。

ただ今までの経験上、薬が完璧に合っていると思う時には治療を続けていくと多くの場合、改善が見られているのです。

そのためもう少し続けてもらいたいという気持ちはあります。

ただそれもFSH(卵胞ホルモン)の値次第かなと思います。

卵巣機能が回復してきているのであれば必ずFSH(卵胞刺激ホルモン)の値も下がってきているはずなのです。

一番最初が144で前回が F 11が131です。

自分がとりあえず目標にしていた数値はFSHが100前後です。

ここまで下がっているかどうかがポイントになります。

そのため、とりあえずどこでもいいので病院に行って FSH(卵胞刺激ホルモン)の値を調べて連絡してもらうようにお願いしました。

この数字が私の思っていた数値よりもしFSH110以上と高ければこれで治療はおしまいです。

そのため次回の予約は取っていません。

電話で連絡してもらうことになっています。

そのためこの現在47歳になられた患者さんは今回で最後になるかもしれません。

うまく結果に結びついてくれたらいいのですけれども・・・

Follow me!