46歳の患者さんでずっと生理が来ていなかった患者さん排卵しそうです!!

46歳で初産で自然妊娠できる タイプかどうかについてのところで書いた 46歳の患者さんについて のその後について書きます。

この方の話を少し サイド 書きますけれども、この方は東京の有名な栄養療法得意とするクリニックで治療を受けてから生理がこなくなった方です。

それでその後 、自分でいろいろやってみたりもしたけれども、うまくいかず病院も帰らりしてうまくいかず 、私の漢方薬局に来られたのです。

その後私が 神戸の夢クリニックを勧めたのですが、丁度その時期に乳房に腫瘍らしきものが見つかり、検査をすることになったのです。

ますその間は不妊治療ができず、漢方だけで治療していたのです。

その後検査を受けられた結果その乳房の腫瘍は特に問題なしと言う事でした。

そこで再度、46歳ということで時間がないので、どこでもいいからクリニックで 検査を受けた方が良いという話をしました。

この方はその時 神戸夢クリニックよりも英クリニックの方に興味を持たれていたので 英クリニックに行ってみたらどうでしょうという話をしました。

それから2週間後に来られた時にやっとクリニックに行かれて いたようです。

その時の話を伺うと、血液検査を受けられてFSH(卵胞刺激ホルモン)の値は、その時点で70ぐらいだったみたいです。

うちの薬局に最初に来られた時に90を超えていたので20は下がっているみたいです。

でも何より良かったのは 最初に病院に行った段階で卵が育っているという風に言われたことです。

なかなか漢方的に見てFSH(卵胞刺激ホルモン)の値の改善スピードが遅かったので 大丈夫かなと心配していたのですが、とりあえず卵が育っており多分排卵しそうだという風に言われたので とりあえずホッとしました。

FSH(卵胞刺激ホルモン)の値の改善度合いは当然その患者さんの最初のFSH(卵胞刺激ホルモン)の値によって当然変わってきますけれども、下がる人は20ぐらいまで下がるのですけれども、この方はあまり下がっていませんでした。

それでも卵は育つのだということがわかりましたし、何より 本人も閉経してしまったのではないかとずっと不安に感じていたので、卵が育っていたという事実は、まだ妊娠できる希望があるということでホッとされたと思います。

私もほっとしました。

とりあえずはよかったです。

Follow me!