46歳の高齢不妊治療患者さんの不妊の原因など

46歳の高齢不妊治療患者さんの不妊の原因と来局の理由について

現在、うちの漢方薬局には現在9名(たしか・・・この間数えたらそうだったと思います・・・)の46歳の不妊治療で通ってこられている患者さんがおられます。今日はここでは46歳の高齢不妊治療の患者さんの不妊の原因と来局の理由について書いてみます。

46歳の不妊治療で来られている患者さんには大きく分けるとなんとなく、いくつかのパターンのようなものが存在します。今日はそこらへんのことも絡めて少し書いていみたいと思います。

たまたま晩婚だった

この患者さんも数名おられます。44歳とか45歳とかで結婚されるとその段階ですでに高齢不妊症になってしまいます。

昔の不妊症の定義は生殖年齢の男女が妊娠を希望し、避妊することなく性生活を行っているにも関わらず妊娠の成立をみない場合をいいます。その一定期間には諸説あるが一般的には2年である。だいたいこんな感じだったと思うのですが、日本産婦人科学会が定義しているものです。それが新しくなって、一定期間が2年から1年に短縮されたのが平成27年ですから、2年前の話です。

つまり結婚して普通に生活して1年妊娠しないと不妊症ということになるので、かなりの方が不妊症ということになります。

こういう場合、実質的には本当に不妊症かどうかはよくわかりません。でもやはり不妊治療の開始年齢が高いということは当然20代や30代の女性に比べれば不利に働くことは間違いないですが、一概には言えない部分もあるのです。

二人目不妊

現在46歳で二人目不妊の患者さんは1名おられます。この方は一人目も決して早い方ではなかったですが、そこから育児や仕事の関係上、二人目不妊の治療が少し遅れたのも影響している部分もあると思います。

 

高度な不妊治療を受けて疲れて漢方治療だけにしている

こういう方も数名おられます。高度な不妊治療はお金もそうですし、時間もその治療にかなり費やさないといけなくなります。それを続けて結果がついてくればいいのですが、結果がついてこないこともあります。そういう場合には徐々に消耗してくるのだと思います。また時期が来れば治療を始められる方もおられますし、そのまま漢方だけという方もおられます。

排卵が来なくなって驚いて治療に来られる

こういう状況で来られるようになった方が数名おられます。このパターンが一番やばいです。46歳という年齢は早ければ、普通に閉経してもおかしくない年齢なので、かなり慎重に判断しないといけません。こういうケースの場合は少なくとも病院での検査は必須となります。病院で検査は受けながら漢方薬による治療を行うか?もしくは高齢不妊治療、早発閉経などの治療に強い病院・クリニックに受診されて漢方薬と併用する形で治療することが望ましいと思います。とりえずこういう場合は、必ず産婦人科を受診してください。

 

これ以外にも普通に不妊治療を続けていて結果として46歳になったというような患者さんもおられますが、いえることは人それぞれだということです。

そしてどの理由だから妊娠は無理ということはないと思います。ただし、排卵が来なくなった場合に関してだけは、排卵が来るように治療する必要があります。当たり前ですが、排卵しなければ妊娠しないのです。このケースに限っては自然妊娠ではなく自然周期による体外受精の方が望ましいかもしれません。

 

 

Follow me!